イラスト映画ノート シン・ゴジラ 忍者ブログ
映画の絵と感想。ネタバレには気をつけます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ゴジラすごい!これはほんと衝撃だった。

ぼくはゴジラファンではないし、ゴジラの映画は最近1作目を見ただけ(海外のは2つとも見た)なのでシリーズ通してのことは言えないのだけど、ゴジラってこんなにおもしろいんだね。

昔から長く続く「ゴジラ」を使ってここまでおもしろくするのってすごい。

フルCGのゴジラと聞いて日本のCG技術を実写に合成すると違和感ありまくりなんじゃないかって思ってたけど、そんなの気にならないくらいのインパクトと恐怖がありました。
後になって知ったけど戦車やビルなんかもCGで作ってたのには驚きです。

ほとんど下調べせずに見に行ったんだけど、怪獣映画と言うよりは社会派映画でしたね。完全に大人向け。会話スピードが速くてついて行くのがやっと。登場人物も多くて、誰が何の役職なのか全部は理解できないんだけど、特に問題はないし全く退屈しませんでした。

子供達が見たらどうなんだろう。「ゴジラまだ?」っていう感じなのかなぁ。
ぼくもゴジラが出てくるとゴジラキターーー!!ってテンション上がったんだけどさ…、ゴジラって怖いね。引くくらい怖い。
ゴジラが街を破壊するシーンはドン引きの恐怖感がありました(ほめてます)。

庵野秀明監督ということで、どうしてもエヴァンゲリオンを連想させるところがいくつかあったけど、それはなくて良かったとぼくは思います。
エヴァも好きだけどさ、ゴジラ見てる時にエヴァを連想させる必要はないんじゃないか。

映画を見てると本当に事前の取材を徹底してやったんだなと感心してなりませんでした。石原さとみが英語を喋るとこだけフィクションぽさがあったけどね。

ゴジラのテーマが流れたのも最高に良くて、変な主題歌とかラブロマンスとかもなくて本当に良かった。

長谷川博己演じる主人公が、初めてゴジラを自分の目で見上げて「あれがゴジラか…」とつぶやくシーンが好きです。


シン・ゴジラ音楽集
ゴジラ(昭和29年度作品)【60周年記念版】 [Blu-ray]
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 6  5  4  3  2  1 
プロフィール
HN:
ながせたいり
性別:
男性
自己紹介:
1988年生まれ
毎月10本程度のペースで見ています。好きな映画ジャンルはゾンビ、CGアニメです。

【ホームページ】
【ツイッター】
【通常ブログ】
カテゴリー
ブログ内検索

忍者ブログ [PR]