イラスト映画ノート 2018:劇場 忍者ブログ
映画の絵と感想をすこし
 

これは映画?演劇?こんな表現方法があったなんて…!
”若者たちの一ヶ月を74分のワンカット”ってどういうこと!?というのがまず衝撃だったんだけど、ちゃんと一ヶ月をワンカットで表現できてた…。それもごちゃごちゃせず分かりやすく見せてくれていて、こっちは演技と言葉に集中できます。すごいな。
みんな本当にいい演技で言葉とエネルギーを、ガッとぶつけられます。さらにMOROHAの音楽もプラスされて、それで自分が現実と向き合った時もう苦しくて…。みんなこんなに頑張ってるのに俺は……状態。
言葉でどう説明するのがいいのかなって難しいんだけど、とにかくこのエネルギーを全身で受け止めろ!

<あらすじ>
オーディションで選ばれ初舞台に意気込む少年少女たち。
しかし舞台は、突然中止になった。
PR


ロボ!怪獣!うおお!
続編制作発表からずっと楽しみにしてたのでほんと最高でした。巨大ロボバトルは楽しいね〜。
怪獣が地上にぐあっと姿を見せるとこや、イェーガーが技を繰り出すシーンに唸るぜ!
前作がすごいよかったし監督がデル・トロじゃなくなったのもあって評価は賛否あるみたいだけど、ぼくはめちゃくちゃ楽しめました。ロボと怪獣最高じゃん!全部CGなんだけど、バトルが特撮っぽくていいんだよなぁ。


や〜〜海外ドラマ一気見したくらいの満足感だったな。
SFすごい映像やばいっていうよりも、ヴァレリアンとローレリーヌのカップルがイイ!につきます。ナイスカップル!
おとぼけ宇宙人出てこないかな〜と思ってたらちゃんと登場してくれるし、現実とヴァーチャルを混ぜ合わせた任務遂行も楽しかったなぁ〜。


ジュマンジが現代のゲームスタイルに寄せて来たぜ!マジジュマンジ!改めて思ったけど、ジュマンジってゲームは生き物だよな〜。
ロック様始めみんな演技が上手くて、元の高校生の顔がちゃんと見えるのがすごい。そんで最高!
前作は子供の頃のトラウマ映画だったけど、そんな面影全然なし!超娯楽!そんで最高!


なんとなくそんな映画なんだなって情報は入ってたんだけど、終わった後完全に死んでしまいました。メンタル死んで深夜に1人で帰る辛さ…。
物語もまだ展開してないのに音と映像が不気味で気持ち悪い。誰も笑ってないし、食べ物もひとつも美味しそうじゃないし、ハッピーのかけらもありません。
衝撃、これはすごい映画だ…。
これは体調万全にして見ないとだめ。帰りの電車で猫の画像を検索してなんとか正気を保ちました。


ドリームワークスアニメがスクリーンで観れる幸せだよね〜。
ボスで赤ちゃんなんでしょってわかりきってたのに、ボスはボスらしく、赤ちゃんは赤ちゃんらしく、"ボス感"と"赤ちゃん感"が予想を遥かに超えてきて凄いです。キャラクターの作り込みがほんと凄い!


観る予定なかったんだけど時間が空いたのと弓を構えるララが描きたくなったので観てきました。最高だよ!
やっぱり弓いいよね。戦士やガンナーよりアーチャー選びがちな僕にはかなりグッときます。
オープニングのララの肉体美に一目惚れだし、アクションも全部楽しい!
ゲームの良さもオリジナル要素も取り入れて、ララの魅力満載の遺跡アクションに仕上がってました。実況動画を少し見てたのもあって楽しかったな〜。
アンジー版のララはカッコイイ〜〜!という感じだけど、こっちのララは頑張れ〜〜!という感じ。アイドル応援するみたいな。普通の女の子がバリバリアクションキメて行くのが最高です。


ピクサーはほんとハズレない。今回それほど期待してなかったんだけど、めちゃくちゃ良かったです。ほんと鼻水こらえるのに必死…。
歌のシーンがどれも素敵で、歌ってるキャラがみんなそれぞれ魅力的で最高!ああ最高!

ピクサーはもう水の表現なんか出来て当然だよな。水から上がるシーンなんか、ディズニーがアニメでやってた事をCGで再現しましたよという感じ。
人物の動きもほんと実写みたいになってる。もちろんアニメのコミカルな動きもするんだけど、なんともないただの息遣いのような、動いたか動いてないかの仕草が実写っぽいし、ギターもちゃんと指で弾いててすごい。

何か言うとすれば、登場人物が人とホネとやばめの犬とでかい精霊くらい、理解力も少しいりそうで子供は楽しめてるのかなという具合でした。


あらすじ:陸へと上がってきた人魚姉妹がストリップ劇場で働きながら恋したり人を食べたりする。

2015年製作のポーランド映画。
てっきり見逃したと思ってたら日本公開してなかっただけみたいで劇場で見ることができました。
ミュージカルというよりミュージックビデオのような感じでおしゃれでダーク。このおしゃれダーク感がものすごく素敵だったなぁ。

4月に入って映画ノートをカラーで描くようになりました。
メモ書きのようなものから始めた映画ノートは9冊目。ほんと大したこと書いてないんだけど、カラーだと見せれるかなと思うのでブログにも載せていこうと思います。負担にならないように楽しく続けられたらいいですね。

インスタグラムにも載せてるのでよかったら見てください。
https://www.instagram.com/tairi_movie/










これはもう大好きすぎる!
見た目はかわいいけど内容はなかなかヘビーでほとんど泣きながら見てました。涙腺がばかになりすぎて、遊園地でイェーって遊んでるだけのシーンで泣いてた。
レイトショーでお客さんは他に似たような男の人1人だけだったんだけど、終わった後なかなか席を立たなくて、「あーわかるわかる」と勝手に共感してしまいました。
ズッキーニくんのフィギュアあったら欲しいなぁ。
ガチャガチャとか回しまくるのに。
HOME |
プロフィール
HN:
ながせたいり
性別:
男性
自己紹介:
イラストや絵本を描いたり好きな映画を見たり。好きなジャンルはゾンビとCGアニメ。お仕事のご依頼はこちらへ
nagasetairi(a)gmail.com

【ホームページ】
【ツイッター】
【インスタグラム】
【通常ブログ】
ブログ内検索

忍者ブログ [PR]