イラスト映画ノート 忍者ブログ
映画の絵と感想をすこし


これは画期的!従来の遅いゾンビと新参の早いゾンビを同時にたのしめるなんて!

"ゾンビになりたての奴は速く走る"っていう設定も受け入れやすくていい。しかもただ2種類のゾンビが楽しめるだけじゃなく、これがのちのストーリーをヘビーな展開にさせているというミラクル!
父をゾンビ戦争で亡くしたトラウマをかかえる女性主人公を筆頭に、チャラい若者、強いオッサン、クズ男などキャラクターのバランスもいい。
一応銃を持ってはいるんだけど、パーティでみると武器が全然足りてなくてスリリングだし、とっても良作ゾンビでした。

<一言あらすじ>
父を亡くした心を癒すため孤島でのゾンビハンティングリゾートへ向かい案の定な展開
PR


どうせ見た目だけマッドマックスでしょって思ったらちゃんとマッドマックスぶっ込んでた!輸血袋とv8エンジンの登場はうれしい!
B級感を出しつつもゾンビ表現はちゃんとしてておもしろいです。

人類のほとんどがゾンビになってしまった世界ではあるけど、マッドマックスのような世紀末感はなく、ただ身体と車を武装しただけ…、ではない!
ゾンビの血がガソリンになるというぶっ飛んだ設定がこの映画を面白くさせてます。

凡ミスで車を炎上させたり、超能力使えたり、お前がラスボスなの?という展開だったり、急にタイマン始まっちゃったりするけど、新しいゾンビ設定も取り入れてておもしろかった!
見た目の割に良作!

<一言あらすじ>
人類がゾンビ化した地球で、バリーは妹救出に向けてゾンビの血を燃料にしたりしながら進む。


・追記
ちゃんと調べたら制作年は怒りのデスロードよりこっちが先でした…!(日本公開は怒りのデスロードが先)
てことは輸血袋からアイデア取ったと思ってたのは完全オリジナルなのか。ゾンビをガソリンにしちゃうって発想ほんとヤバいな…!


モキュメンタリー手法で、テレビ番組やトークライブの映像を交えながら謎を調査していきます。
要所要所で「おわかりいただけただろうか」というセリフがぴったりな心霊映像が映し出されて面白いし、テレビ番組の出演者に荒俣宏や飯島愛が出てくるのも妙にリアル。
これはフェイクだからねって思いながら見れるけどラストの映像はかなり衝撃的でした。

<一言あらすじ>
怪談実話作家が「ノロイ」をテーマにドキュメンタリーを完成させた後、自宅は全焼し行方不明となる。


ほぼ双子vs母親で登場人物も少なく、場面も森の中の一軒家のみ。
双子と母親の関係が謎と不気味さをもって進むんだけど、後半の双子がとる行動が怖すぎます…。母も母で顔面包帯で表情がよく見えないし何考えてるか分かんない…。
それにしても双子の男の子がきれいだったなぁ。

面白かったけど巨大ゴキちゃんがわんさか出てくるのでダメな人は気をつけて〜

<一言あらすじ>
整形手術により顔面包帯ぐるぐる巻きで帰ってきた母親に、双子の少年が疑いをもつ。


キングコングもアイアンジャイアントもデロリアンも金田のバイクもガンダムも全部最高だぜーー!
IMAX3Dで見たんだけどヤバイほど最高でした。前の方の席しか取れなくて、首が疲れるなっていうのもあったんだけど、それ以上に映画への没入感がすごすぎました。飛び出してくるなんてものじゃなく、目の前にガンダムが実際にいた…!

中盤の映画ファン喜ばせすぎだろ!ってシーンがとにかく最高!!あの作品をあれだけの完成度とワクワク感でたっぷり見せてくれたのはほんと嬉しかったなぁ。
もちろんゲームファンもアニメファンも楽しめるオタクフィーバーな映画でした。

<一言あらすじ>
VRゲーム”オアシス”の製作者が死の直前に三つの鍵をゲームに隠しみんなで探す。
 

声を上げたくなるシーンが多くてほんと最高!
友達と見に行ったので終わった後お酒飲みながら喋れたのもよかった。
内容いろいろ喋りたすぎるんだけど、ネタバレになっちゃうので何も言えなくてつらい。
それほど今回のアベンジャーズは衝撃的でした。
出演者さえ公開まで完成品を見せてもらえなかったらしいからね。とにかくネタバレ厳禁。

ヒーローてんこ盛りで最高だし、毎年マーベル作品を観れる世の中って素敵。
アベンジャーズ初期メンバーの契約終了の話もあるし、今後どういう展開になっていくのかも気になるな〜
<一言あらすじ>
サノスがインフィニティストーンで宇宙を消そうとしてヤバイ
お母ちゃんの愛がでかい!
宮沢りえそんな好きじゃないしな〜と思ってたんだけど、よく考えたらちゃんと見たことないだけだった。めちゃよいね。娘役の杉咲花もしっかりした演技で良かったな〜。あとオダギリジョーのダメ人間だけど憎めない人の仕上がりは完璧すぎないか。

すごい泣きながら見てしまってよかったんだけど、お話はちょっと作られすぎかなと感じてしまいました。映画だしいいっちゃいいんだけども。
探偵もヒッチハイカーもほんとに数合わせのために登場したの?って感じだし、子供の前でラブホの話をチョイスするのも謎だし、あの状況で平然と孫と遊ぶのもどうかしすぎじゃないのか。

そもそもこういうタイプのお母ちゃんが苦手っていうのが自分に合わない一番の原因かと思います。結果的にうまくいったからいいんだろうけど、娘のいじめ解決にゴリ押ししすぎじゃないか。余命わずかで時間がないのもわかるけど、すんなり受け入れられませんでした。

あとどうでもいいけど見終わった後に「銭湯行きたい!」って思えるような銭湯ムービーを期待してたんだけど、そうじゃなかったのも残念でした。銭湯や温泉が好きなのでもっと銭湯が前に出て来てほしかったなぁ。

自分には合わなかったと思いつつ否定的なコメントが多くなったけど、ほんとすごい泣いたしいい映画だと思うので、なんとか絵で伝われ〜〜

<一言あらすじ>
余命数ヶ月と宣告されたお母ちゃんが家族に愛を注ぐ。


前半の空気が謎すぎてすごい。
こういう何も知らないで見てほしい映画は、感想もあんまり言えなくなってしまうなぁ。
黒人のあのキャラのあの表情がものすごいインパクトで謎すぎてヤバイ!

コメディアンやってた人の初監督作品であるっていうのもすごいし、家のだらけた空間じゃなくて映画館で見たかったなぁ。

<あらすじ>
黒人男性のクリスは白人女性の恋人であるローズと共に彼女の実家へと挨拶へ向かう。


ポスターのソン・ガンホのこの顔が笑顔すぎて、人情喜劇映画かと思ってたんだけど、どうやらそうじゃないらしいと知り見に行きました。「新幹線」「悪女」と最近はなぜか韓国映画に吸い寄せられます。

光州事件のことは知らなくて、少し調べてから見たので理解しやすかったです。でも主人公のマンソプは何も知らない状態で事件の中心に入って行ったんだよな。
同じ韓国の中なのにソウルと光州で全く世界が違うってどういうことなのか…。
これが80年に起きた事件っていうのもすごい。最近やん…。

出だしのコメディからどんどん悲劇になってくし、おにぎりに泣くし、マッドマックスもあるぞ。

<あらすじ>
ソウルのタクシー運転手キム・マンソプは高額の運賃を得るためドイツ人記者ピーターを乗せ光州を目指す。
オープニング、ユーミンの「守ってあげたい」に乗せてセーラー服を着た薬師丸ひろ子が、特別な日というわけでもなくスキップしながら登校する。ダサい。ついでにスキップもへた。でもこれだけでもう時代を象徴しててすごい。

薬師丸ひろ子演じる由香の衣装を見ても、家ではなぜか着物、就寝時はネグリジェ、休日はオーバーオールに赤のキャップを被ってみたり統一性ゼロ。
アイドル映画だからこれくらいの衣装チェンジは必要だと分かってもついて行くのに必至です。

他にも牛乳瓶メガネのガリ勉、スカートを覗く小学生、ローラースケート、生徒会軍団、ゲタ、レモンちゃん、金星人、まともな奴がほぼいません。
転校生の高見沢みちるが演技も役も一番しっかりしてると思ったら、最後の衣装チェンジが斜め上すぎてびっくりでした。金星人も笑わせに来てるとしか思えなかったなぁ。

なんだかボロクソ言ってるみたいだけど、アイドル特撮映画なんだと思ってしまえば、全部受け入れられるし爆笑だし最高でした。
でも当時の人と自分とでは見方が違ってるんだろうなぁ。この映画にみんなが熱狂していたのかと思うとすごい。昭和パワー、すごい。
あとこの時代の、狭い部屋に家族が集まって飯食ってるシーンって最高。

<あらすじ>
突如超能力に目覚めた三田村由香の前に謎の転校生高見沢みちるが現れ学園に危機が迫る。


制作費20億をかけて作られたにも関わらず大コケしてしまったガンバ…。
そんなに悪くなかったです。というよりかなりいい方。確かにピクサーなんかと比べるとレベルの差はまだあるけど、日本のCGアニメの中ではすごくオススメです。

昔のアニメ版は紹介映像とかで見たくらいで、原作も知らなかったんだけど、公開当時このキャラクターデザインは大丈夫か…?と思わずにはいられませんでした。実際それで見に行かなかったしね…。

アニメの印象をガラッと変えてきたのはいいと思うし嫌いじゃないんだけど、スタイルのいいネズミたちはやっぱり受け入れにくい。「ガンバのぬいぐるみ欲しい!グッズ欲しい!」と思えるデザインならもっと食い付いてたんだけどなぁ。海外も視野に入れてのあのデザインなんだろうけど、日本人受けがいまいちでしたね。

でも動いてるのを見るとキャラクターはしっかり作られているとわかります。声優も実力者揃いだし、キャラクターの魅力を引き出していてかなり良かったです。
アニメ版ではとても怖ろしいと言われるノロイもガンバ達に合わせたスタイリッシュなデザイン。この細さもまた奇妙で、でも品がありしぶとく強く狂気的。十分ラスボスのインパクトを残してました。

<あらすじ>
白イタチの"ノロイ"に支配された島を取り戻すため、ガンバたちは海へと旅立つ。
 
これは映画?演劇?こんな表現方法があったなんて…!
”若者たちの一ヶ月を74分のワンカット”ってどういうこと!?というのがまず衝撃だったんだけど、ちゃんと一ヶ月をワンカットで表現できてた…。それもごちゃごちゃせず分かりやすく見せてくれていて、こっちは演技と言葉に集中できます。すごいな。
みんな本当にいい演技で言葉とエネルギーを、ガッとぶつけられます。さらにMOROHAの音楽もプラスされて、それで自分が現実と向き合った時もう苦しくて…。みんなこんなに頑張ってるのに俺は……状態。
言葉でどう説明するのがいいのかなって難しいんだけど、とにかくこのエネルギーを全身で受け止めろ!

<あらすじ>
オーディションで選ばれ初舞台に意気込む少年少女たち。
しかし舞台は、突然中止になった。


ロボ!怪獣!うおお!
続編制作発表からずっと楽しみにしてたのでほんと最高でした。巨大ロボバトルは楽しいね〜。
怪獣が地上にぐあっと姿を見せるとこや、イェーガーが技を繰り出すシーンに唸るぜ!
前作がすごいよかったし監督がデル・トロじゃなくなったのもあって評価は賛否あるみたいだけど、ぼくはめちゃくちゃ楽しめました。ロボと怪獣最高じゃん!全部CGなんだけど、バトルが特撮っぽくていいんだよなぁ。


サメ台風ニューヨークに現る!!
シリーズ制覇しようと思い1から見直したかったんだけど、なぜか1だけお店にありませんでした。でも大丈夫!オープニングからぶっとんでたぜ…!
エキストラを雇う予算もないので一般市民で代用してるんだろう、嵐が来てるというのにみんな外を普通に歩いちゃってます。空もけっこう晴れてるし、洪水になったりならなかったりめちゃくちゃなんだけど、そんなの気にする方がバカ。サメのチープさも相変わらずのしょっぱさなんだけど、そこが魅力だし、爆笑の連続です。
ゴーゴーシャークネード〜♪っていうダサいテーマ曲も最高に合うんだよな〜。


や〜〜海外ドラマ一気見したくらいの満足感だったな。
SFすごい映像やばいっていうよりも、ヴァレリアンとローレリーヌのカップルがイイ!につきます。ナイスカップル!
おとぼけ宇宙人出てこないかな〜と思ってたらちゃんと登場してくれるし、現実とヴァーチャルを混ぜ合わせた任務遂行も楽しかったなぁ〜。
1  2  3 
プロフィール
HN:
ながせたいり
性別:
男性
自己紹介:
イラストや絵本を描いたり好きな映画を見たり。好きなジャンルはゾンビとCGアニメ。お仕事のご依頼はこちらへ
nagasetairi(a)gmail.com

【ホームページ】
【ツイッター】
【インスタグラム】
【通常ブログ】
ブログ内検索

忍者ブログ [PR]