イラスト映画ノート DVD 忍者ブログ
映画の絵と感想をすこし


小さな村で起こった怪しい事件っていうオカルトチックな話って日本でよくあるけど、韓国でやってもおもしろいのね!
オカルトチックな集落映画の雰囲気だったり、え?ゾンビ!?っていう展開が楽しいし、なんせ國村隼がいい感じに怪しい。

ふんどし一丁で鹿肉をむさぼり食う國村隼や、韓国の祈祷師と日韓祈祷対決を繰り広げる國村隼など、あんな國村隼やこんな國村隼を楽しませてくれるぞ!

<一言あらすじ>
韓国の田舎で村人が家族を惨殺する事件が立て続けに起こり、謎の日本人(國村隼)の存在が怪しい。
PR

2013年制作のドリームワークス作品。日本では劇場未公開。
日本人にはとっつきにくい見た目のキャラクターとダサい邦題に手が出なかったんだけど、思いのほか良作でした!

オープニングで家族が朝ごはんのたまごを調達するために協力するんだけど、これがアメフトのようなスポーツみたいですごく楽しい。コイントスならぬおばあちゃんトス(おばあちゃんを投げ飛ばして表か裏か決める)から始まって、個性的な動物たちとのたまご争奪戦が爽快です。音楽も最高!

続編あったら世界観もっと広がっておもしろそうだなと思ったけど、制作中止になってました…残念。

<一言あらすじ>
パワフル原始人一家が天変地異により外の世界へ踏み出す。


第3の恐怖って何かと思ったら、『オープン・ウォーター』『オープン・ウォーター2』に次ぐ第3の恐怖…!ってことらしいです。
でも正式な続編じゃなくて邦題がそうなってるだけ。似たような作品に似たようなタイトルつけちゃえっていう邦題あるある。

調べたら他にも
『オープンウォーター・サバイバル』
『オープンウォーター・シンドローム』
『オープンウォーター・サスペクト』
『赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター』
とかがあっていろんな国で制作されてました。
ちなみに今回見たのはスペイン版。

元祖オープン・ウォーターはまだ見てないので今度見てみよ。

<一言あらすじ>ボートから海に飛び込んだら全員上がれなくなって大ピンチ…!


湖付きの山小屋に遊びに来た若者が、次々に何者かに襲われるというお決まりのホラー。それを監視する謎の組織…。

「監視されてる」ってそれネタバレじゃないの?って思ったけど、スタートからこの”山小屋の若者たち”と”監視する組織”の2つの視点で物語は進みます。

監視してるっていう変わった構図だけど、ちゃんと山小屋ホラーだけ見てもおもしろくて、”選ぶ”シーンのどきどき感はすごい好き。
後半は、そんなサービスいいんですか…!?というまさにホラーダム大崩壊の最高な展開でした。

<一言あらすじ>
森の別荘へやって来た若者達を襲う恐怖を、謎の組織が監視する。


サーフィンもできちゃう医学生のヒロインが孤独にサメと戦うぞ…!
医学生なのでサメに噛まれた傷口も、身につけてたアクセサリーを使って自分で縫っちゃうたくましさ。サメも早くどっか行けばいいのに、やたらしぶとく追い回します。

こういう閉じ込められるタイプのシチュエーションスリラーがすごい好き。
なす術なしの状況から限られたアイテムを使い、どうやって生き抜いていくのかってのが楽しい!

<一言あらすじ>
サメに襲われ岩場から逃げられなくなり超ピンチ…!


パッケージの印象からB級映画なのはまる分かりなんだけど、ワニ自体はモンスタータイプではなくリアル路線の印象でした。実際にこんなワニいたらめちゃデカイね!ってくらいのデカさだ!

この映画の魅力はなんと言ってもワニ!
いやワニ映画なんだから当たり前なんだけど、このワニがよくできてます。
B級映画なんてCGのクオリティひとつで一瞬にしてがっかり映画。
CGワニが思いのほか良くできてるのでバトルシーンがさまになってました。

<一言あらすじ>
クルーズ船がワニに襲われ、川の小島から出られなくなり超ピンチ…!


『デジタルモンスター ぼくらのウォーゲーム』っていうデジモンの映画が物凄く好きなんだけど、それの元ネタとなった映画です。
同じく細田守監督の『サマーウォーズ』の元ネタとも言えるのでそっちの方が分かりやすいかな。

映画とデジモンとサマーウォーズをリンクさせて、あーこれがケラモンでこれが花札か…!という感じに楽しめました。

登場するのは80年代のコンピューターなのでイメージ的にはファミコンなんだけど、ハッキングシーンも楽しいし、ラストバトルの盛り上がりも良かった〜。

<一言あらすじ>
高校生がハッキングで遊んでたら第3次世界大戦の危機に…!


シリーズ第5弾!今作もかなりぶっとんでます!
インディージョーンズのパロディからはじまり、シャークネードの壁画やデュークワカの秘宝とか出て来て物語はどんどん斜め上へ。
「ワールド・タイフーン」ということで世界旅行的な展開なんだけど、
ファイナルファンタジーっぽい飛行船の登場にわくわくして来たと思ったら、乗り込んで2分で大破…。まさかのシャークネードのテレポート機能を使って世界を巡るぞ!

オーストラリアではオペラハウスが要塞に変形したり、日本ではモンスターボール爆弾投げたり、とにかくツッコまずにはいられない展開の連続。
次の6作で完結らしいので日本での配信が楽しみです。

<一言あらすじ>
シャークネードが世界を襲うやりたい放題な第5作!

「グリーンルーム」って緑の部屋?ん?と思って見てたんだけど、「楽屋」って意味みたいです。

楽屋に捕らえられた若者が知恵を駆使しての脱出劇!を期待してたんだけどそういう感じではなかったです。「今がチャンス!突撃!」「やばい!敵強い!戻れ〜!」みたいのを繰り返してました。
敵も味方も戦闘に慣れてなくて、わりと互角っぽいので怖さ半減という感じ。
ライブハウスでの戦闘なので敵側も痕跡を残さず戦う必要があって、うかつに銃を打てません。そこでどうやって戦うかって出てきたのが”犬”っていうのは新鮮でおもしろかったかな。

全体的にいまいちだったけど、ゴア表現はめちゃくちゃ良くできていて、かなり痛々しかったです!腕がやばいことに…!
あ、あと登場人物の名前が全然覚えられないタイプの映画でした。

<一言あらすじ>
パンクバンドの若者たちは殺害現場を目撃してしまい、ライブハウスの楽屋に閉じ込められてしまう。


4作目(4th)=フォースってことでオープニングからスターウォーズのパロディで始まります。宇宙行ったの前作やん!という突っ込みを気にすることなくそういうの平気でやっちゃうし、なんならアイアンマンもぶっ混んでくスタイル。今作も「そんなのありかよ!」と突っ込まずにはいられない展開の連続です!
今回のシャークネードは砂を巻き込んでみたり、燃えてみたりバラエティ豊か。そんなシャークネードに臆することなく挑み続けるフィンたち。シャークネードが進化するほどシャパード家も進化し続けるぜ!

あとサメとは別に、巨大な丸い物体(観覧車や自由の女神の顔)が転がってくるのがシリーズでのおなじみになってっるんだけど、今回は”糸玉”が転がってきます。人を襲う巨大糸玉…って謎すぎ…!

<一言あらすじ>
今回のシャークネードは砂や岩や炎や電気など、あらゆる属性を持っているぞ!


3まで来ればオープニングでシャークネードのテーマソングがかかるとテンションぶちあがってしまいます。竜巻ザメの脅威楽しい〜〜!

「またあれが来る…。感じる…』ってシャークネードの接近を身体で感じ取るまでに成長したフィン。
今回は大統領から授与されたゴールデンチェーンソーで戦うぞ!さらに宇宙での戦闘では特別なチェーンソーも…!

ユニバーサル・スタジオ・フロリダではジェットコースターで吹っ飛んだり、あの玉の中に入ってゴロゴロしたり、B級アクションが炸裂!
カーレースのクラッシュ映像にシャークネードを掛け合わせる演出も見事でした。

<一言あらすじ>
二度もシャークネードからアメリカを救ったフィンは大統領から勲章を授与されるも、さらに超巨大なシャークネードに立ち向かうことになる。


主人公チームがなんのためらいもなくゾンビをぼこぼこにするのにドン引きしてしまいました…。

ゾンビとの戦闘に慣れてきたのなら分かるけど、ファーストコンタクトで
昨日まで一緒に騒いでた人の顔面を迷いなく潰せるってサイコパス。
主人公たちが何を持って彼らをゾンビと認識したのか少しでもいいから理由を持たせてほしいです。
元特殊部隊っていう設定はあるけど、作戦もろくに特に立てず「ゾンビせん滅させようぜ!」「おっけー!」っていうノリがバカというか子供っぽくて…。

「強いオレたちめっちゃクール!」っていう監督の趣味が全面に出ている気がして残念ゾンビでした〜〜

<一言あらすじ>
特殊部隊出身のダンたちは山奥のキャンプ場でゾンビに襲われゾンビ撲滅に意気込む。


これは画期的!従来の遅いゾンビと新参の早いゾンビを同時にたのしめるなんて!

"ゾンビになりたての奴は速く走る"っていう設定も受け入れやすくていい。しかもただ2種類のゾンビが楽しめるだけじゃなく、これがのちのストーリーをヘビーな展開にさせているというミラクル!
父をゾンビ戦争で亡くしたトラウマをかかえる女性主人公を筆頭に、チャラい若者、強いオッサン、クズ男などキャラクターのバランスもいい。
一応銃を持ってはいるんだけど、パーティでみると武器が全然足りてなくてスリリングだし、とっても良作ゾンビでした。

<一言あらすじ>
父を亡くした心を癒すため孤島でのゾンビハンティングリゾートへ向かい案の定な展開


どうせ見た目だけマッドマックスでしょって思ったらちゃんとマッドマックスぶっ込んでた!輸血袋とv8エンジンの登場はうれしい!
B級感を出しつつもゾンビ表現はちゃんとしてておもしろいです。

人類のほとんどがゾンビになってしまった世界ではあるけど、マッドマックスのような世紀末感はなく、ただ身体と車を武装しただけ…、ではない!
ゾンビの血がガソリンになるというぶっ飛んだ設定がこの映画を面白くさせてます。

凡ミスで車を炎上させたり、超能力使えたり、お前がラスボスなの?という展開だったり、急にタイマン始まっちゃったりするけど、新しいゾンビ設定も取り入れてておもしろかった!
見た目の割に良作!

<一言あらすじ>
人類がゾンビ化した地球で、バリーは妹救出に向けてゾンビの血を燃料にしたりしながら進む。


・追記
ちゃんと調べたら制作年は怒りのデスロードよりこっちが先でした…!(日本公開は怒りのデスロードが先)
てことは輸血袋からアイデア取ったと思ってたのは完全オリジナルなのか。ゾンビをガソリンにしちゃうって発想ほんとヤバいな…!


モキュメンタリー手法で、テレビ番組やトークライブの映像を交えながら謎を調査していきます。
要所要所で「おわかりいただけただろうか」というセリフがぴったりな心霊映像が映し出されて面白いし、テレビ番組の出演者に荒俣宏や飯島愛が出てくるのも妙にリアル。
これはフェイクだからねって思いながら見れるけどラストの映像はかなり衝撃的でした。

<一言あらすじ>
怪談実話作家が「ノロイ」をテーマにドキュメンタリーを完成させた後、自宅は全焼し行方不明となる。
HOME | 1  2 
プロフィール
HN:
ながせたいり
性別:
男性
自己紹介:
イラストや絵本を描いたり好きな映画を見たり。好きなジャンルはゾンビとCGアニメ。お仕事のご依頼はこちらへ
nagasetairi(a)gmail.com

【ホームページ】
【ツイッター】
【インスタグラム】
【通常ブログ】
ブログ内検索

忍者ブログ [PR]