イラスト映画ノート 湯を沸かすほどの熱い愛 忍者ブログ
映画の絵と感想をすこし
お母ちゃんの愛がでかい!
宮沢りえそんな好きじゃないしな〜と思ってたんだけど、よく考えたらちゃんと見たことないだけだった。めちゃよいね。娘役の杉咲花もしっかりした演技で良かったな〜。あとオダギリジョーのダメ人間だけど憎めない人の仕上がりは完璧すぎないか。

すごい泣きながら見てしまってよかったんだけど、お話はちょっと作られすぎかなと感じてしまいました。映画だしいいっちゃいいんだけども。
探偵もヒッチハイカーもほんとに数合わせのために登場したの?って感じだし、子供の前でラブホの話をチョイスするのも謎だし、あの状況で平然と孫と遊ぶのもどうかしすぎじゃないのか。

そもそもこういうタイプのお母ちゃんが苦手っていうのが自分に合わない一番の原因かと思います。結果的にうまくいったからいいんだろうけど、娘のいじめ解決にゴリ押ししすぎじゃないか。余命わずかで時間がないのもわかるけど、すんなり受け入れられませんでした。

あとどうでもいいけど見終わった後に「銭湯行きたい!」って思えるような銭湯ムービーを期待してたんだけど、そうじゃなかったのも残念でした。銭湯や温泉が好きなのでもっと銭湯が前に出て来てほしかったなぁ。

自分には合わなかったと思いつつ否定的なコメントが多くなったけど、ほんとすごい泣いたしいい映画だと思うので、なんとか絵で伝われ〜〜

<一言あらすじ>
余命数ヶ月と宣告されたお母ちゃんが家族に愛を注ぐ。
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
HOME | 32  31  30  29  28  27  26  25  24  23  22 
プロフィール
HN:
ながせたいり
性別:
男性
自己紹介:
イラストや絵本を描いたり好きな映画を見たり。好きなジャンルはゾンビとCGアニメ。お仕事のご依頼はこちらへ
nagasetairi(a)gmail.com

【ホームページ】
【ツイッター】
【インスタグラム】
【通常ブログ】
ブログ内検索

忍者ブログ [PR]